ヘナの発色テスト
ヘナの葉には有効成分として「ローソン」、「ポリフェノール酸」が含まれています。「ローソン」は赤褐色の植物色素で、毛髪の主成分であるケラチン(タンパク質)に絡みつき白髪をオレンジ色に着色する作用があります。ポリフェノール酸はたんぱく質を引き締める効果があります。また、ヘナがタンパク質と結合する際、キューティクルに絡みつく様に薄い皮膜を形成します、その薄い皮膜がトリートメントとして、髪や頭皮に効果をあたえるのです。

傷んだ髪

タンパク質が抜けて隙間ができているダメージ毛にヘナが入り込み吸着することで、髪の保水力を高めツヤが出ます。紫外線から守り、髪に潤い、しなやかさを与えます。


ネコ毛

やわらかい髪に適度なハリ、コシを与えボリュームが出てセットしやすくなる。


クセ毛

表面をコーティングすることでハリ・コシと保湿が加わりウェーブが落ち着き広がるクセを抑え、お手入れが楽になる。



頭 皮

インドでは殺菌効果があるとされ、皮膚の治療薬として利用されているヘナは、頭皮の脂のバランスを整え、潤いを与えます。また施術後のシャンプーで毛根の汚れや余分な脂を落とす効果があります。清潔で健やかな頭皮は育毛の第一歩です。