ヘナオヤジからのお知らせ

ヘナオヤジからのお知らせ

 ヘナだと、なかなか染まらない。。。

 天然なものだから、

 染まりが悪いのは仕方ありません。。。

 そう考えてヘナを諦めちゃう方がいます。

 

 では、

 なぜ染まりやすい髪と染まりにくい髪あるんでしょう。

 

 今回、髪についてすこしお話をしたいと思います。

 

 髪の断面を見ると、

 毛小皮・毛皮質・毛髄質に分けられるのは

 ご存じかと思います。

       

           毛髪の断面

 

          

          毛髪の構造図

 

 ところで、毛皮質(コルテックス)は、

 『O-コルテックス』『P-コルテックス』によって

 構成されることをご存じでしたでしょうか。

 この二つのコルテックス、それぞれの性質が違います。

 『O-コルテックス』は親水性で、

 P-コルテックスは親油性になります。

 

 この二つのコルテックスは通常、

 1本の髪に同等の割合で存在しております。

 が、

 片方が多いという方もいらっしゃいます。

 

 染まり易そう!パーマがかかり易そう・・・という方、

 『O-コルテックス』が多い髪質の持ち主かもしれません。

 髪が柔らかいのは特徴です。

 

 また、 『P-コルテックス』が多い髪は硬いです。

 親油性の毛皮質は水に馴染みにくく、浸透しにくいです。

 ヘナは水(お湯)で溶いて使うため、

 『P-コルテックス』の多い髪に使う場合、

 染まりにくいことがあります。

 

 そんな方には、

 すこし乳化剤を添加してみるといいかもしれません。

 

 馴染みが良くなりますよ。

 

       髪について猛勉強中のローソン博士より