ヘナオヤジからのお知らせ

ヘナオヤジからのお知らせ

・ヘナのペースト、作ったらすぐ使った方がいい?

・ヘナのペースト、余ったら保存できる?

とのようなご質問をよく受けます。

 

実は、ヘナ100%のペースト、

作り置きした方がいいんです。

ペーストの粘りが強くなり、

滑らかになって塗布しやすくなるんです。

また、仕上がりの色に深みが出ます。

(インディゴブルーが配合されているものに関しては、

空気酸化が起こるので、

ペーストを作ったら、すぐお使いください。)

 

今回はレッドヘナを使ってテストしてみましょう。

 

このテストについては、ペーストの作り置きにより、

どのような変化が起こるかを確認することを目的としてます、

実際の発色テストではありません。

 

テスト商品:ダイコー レッドヘナ(ヘナ100%)

テスト方法:

      ①ペーストを作ってすぐ塗布

      ②ペーストを作って8時間後塗布

      ③ペーストを作って24時間後塗布

テスト条件:室温25℃、自然放置30分

 

1. ペーストの変化

  

   直後:レッドヘナの粒子が細かいため、

      ダマになりやすい。

 

  

   8時間後:ペーストの色が少し濃くなった、

        滑らかになった。

 

  

   24時間後:ペーストの色が濃くなった、

        すごく滑らかになった。

        ダマの数も少なくなったような

        気がします。

 

②仕上がりの変化

  

画面上はすこしわかりにくいですが、

仕上がりの毛束を明るい→濃い順で並べると、

直後→8時間後→24時間後

のようになります。

 

8時間後と24時間後の色に微妙の差しかないですが、

やはり24時間後の仕上がりの色に深みがありました。

(実際の毛束の方が分かりやすいです。)

 

さて、ペーストの作り置き、

置けばおくほどいいのでしょうか?

いいえ、弊社の商品には、

防腐剤等のその他の物質一切入ってないので、

保管環境に寄よりますが、

冷蔵庫にいれて一週間くらいは保存できます。

それ以上放置しますと、カビが生えます。

 

上記3本の毛束をカラーチャートにしました、

1名様にプレゼントします。

ご希望の方、どうぞメールでご連絡ください。

  

 

         ~ローソン博士~